JavaFXComposerNewInPreview2Ja

(Difference between revisions)
(JavaFX Shapes)
 
(14 intermediate revisions not shown)
Line 1: Line 1:
 +
このドキュメントは [http://blogs.sun.com/katakai katakai] が [[JavaFXComposerNewInPreview2]] を翻訳したもので正式なものではありません。
 +
==JavaFX シェイプ==
==JavaFX シェイプ==
Line 20: Line 22:
シェイプやコンポーネントを Ctrl+Mouse を使って移動する場合には ''translateX'' と ''translateY'' が変更されます。この値はレイアウトには影響されません。
シェイプやコンポーネントを Ctrl+Mouse を使って移動する場合には ''translateX'' と ''translateY'' が変更されます。この値はレイアウトには影響されません。
-
==Animations on States==
+
==ステートによるアニメーション==
-
In Preview 1 release, there were possible to specify a simple animation to each property in each state. The animation is specified by an interpolator and a duration.
+
Preview 1 リリースの時は、それぞれのステートで簡単なアニメーションを指定することができました。アニメーションは補間方法(interpolator)と時間(duration)で指定しました。
-
In Preview 2 release, there is animation inheritance introduce. Now each property have a simple inherited animation assigned by default. The inherited animation is specified by inherited interpolation and inherited duration.
+
Preview 2 リリースでは、アニメーションに継承が使えるようになります。それぞれのプロパティーにはデフォルトで単純な継承アニメーションがあります。継承アニメーションは継承された補間方法と時間で指定します。
[[file: javafx-composer-property-inherited-animation.png]]
[[file: javafx-composer-property-inherited-animation.png]]
-
If you specify a particular interpolator and duration it behaves exactly as before.
+
特定の補間方法と時間を指定した場合は以前の動作と変わりありません。
-
If it is specified as inherited then the animation is taken from default animation set for a particular state. The default animation for a state can be edited by pressing "Edit" button in the States list area in the design.
+
継承として指定して場合は、特定にステートに対してデフォルトのアニメーションセットから取得されます。デフォルトのアニメーションはデザインのステートリストで "Edit" ボタンを押して編集します。
[[file: javafx-composer-state-edit-animation.png]]
[[file: javafx-composer-state-edit-animation.png]]
-
You can see that the default animation for a particular state may inherit the animation. If specified so, it inherits the animation from the default animation specified for the whole state variable. You may edit it by opening "State Varible" list area in the design and press "Edit" button there.
+
特定のステートに対するデフォルトのアニメーションが表示されます。指定すると、全体のステート変数用にデフォルトのアニメーションからアニメーションが継承されます。"State Varible" リストエリアを開き "Edit" ボタンを押して編集します。
[[file: javafx-composer-state-variable-edit-animation.png]]
[[file: javafx-composer-state-variable-edit-animation.png]]
-
Note that the default animation of a state variable is the top level and cannot be inherited.
+
ステート編集のデフォルトのアニメーションは一番上のレベルでこれは継承されないことに注意してください。
-
The animation inheritance allows you to specify a specific animation once at the whole "currentState" state variable, so them you do not have to care about the animations anymore.
+
アニメーションの継承によって、"currentState" ステートの変数でアニメーションを1度指定するだけでよくなります。すべてのアニメーションを管理する必要はなくなります。
-
Note that the property animations is inherited for all properties by default. This included even "visible" or "mouseClicked" properties. But typically you want to modify these properties (usually discrete) properties immediately when you change a particular state. For that reason, open the "Details" properties view for the property, press "Select All" button to select all states and enter "0" into the duration field. This way you have overriden the duration to 0ms for setting values of the property in all states.
+
デフォルトではプロパティーアニメーションはすべてのプロパティーに継承されることに注意してください。これは "visible" "mouseClicked" プロパティーも含まれます。しかし通常はこれらのプロパティーはステートの変更後即座に変更したいことが多いでしょう。このため "Details" プロパティービューで、"Select All" ボタンを押しすべてのステートに対して "0" を時間フィールドに設定できます。この方法によりすべてのステートの時間を 0ms に上書きできます。
-
For details, see [[JavaFXComposerStateAnimationTutorial2|State Animation Tutorial]].
+
詳細は [[JavaFXComposerStateAnimationTutorial2|State Animation Tutorial]] を参照してください。
-
==Improved Data Support==
+
==データサポートの改良==
-
Data Sources customizer as well as its API has been significantly improved.
+
データソースのカスタマイザとその API は大幅に改良されました。
-
Data Sources are able to work/parse XML data streams and properly visualize fetched data in the Data Source customizers.
+
データソースは XML データストリームをパースし動作するようになりました。またデータソースカスタマイザ上でフェッチしたデータを性格に表示することができます。
-
JSON parser naturally maps to RecordSet (from an JSON Array), Record (from a JSON Object) and an attribute in a Record (from an key in a JSON Object).
+
JSON パーサーは JSON 配列から RecordSet に、JSON オブジェクトから Recordマップに、JSON オブジェクトのキーは Record の属性にマップします。
-
LINES parser parses the stream as a RecordSet where each line is converted into a Record with a single attribute named ".lines" which value is the whole line.
+
LINES パーサーはストリームを RecordSet としてパースし、それぞれの行は ".lines" という名前の1つの属性と全体の行を値とする Record になります。
-
XML parser is implemented the way that:
+
XML パーサーは次のように実装されています:
-
* each XML element is converts to a single Record
+
* それぞれの XML 要素は一つの Record に変換されます
-
* XML attributes are converted to attributes in a particular Record
+
* XML 属性は特定の Record の属性に変換されます。
-
* a Record has a special attribute named ".elements" which contains a RecordSet with Records for particular XML sub-elements
+
* 特別な属性 ".elements" を持つ Record は XML サブ要素の RecordSet を含みます。
-
* a Record has a special attribute name ".text" which value is the whole inner text of a particular element
+
* 特別な属性 ".text" を持つ Record はその値は特定の要素の内部テキストです。
-
* a Record has a special attribute named ".name" that contains the local name of the XML element tag
+
* 特別な属性 ".name" を持つ Record は XML 要素タグのローカル明を含みます。
-
* a new Record.getXmlString() helper method has been added to simplify work with data coming from XML
+
* 新規ヘルパーメソッド Record.getXmlString() が追加され、XML からのデータ取得を簡素化します。
[[file: javafx-composer-datasource-customer-parser-xml.png]]
[[file: javafx-composer-datasource-customer-parser-xml.png]]
-
HTTP Data Source handles even HTTP POST method. It works exactly the same as for GET method, just set HTTPDataSource.connectionMethod field to "POST".
+
HTTP データソースは HTTP POST メソッドを扱います。これは GET メソッドにも同様に使えます。HTTPDataSource.connectionMethod "POST" に設定します。
-
the "SQL Query" dialog in the JDBC Data Source customizer has been improved:
+
JDBC データソースカスタマイザの "SQL Query" ダイアログは大幅に改良されました:
[[file: javafx-composer-datasource-customer-jdbc-select.png]]
[[file: javafx-composer-datasource-customer-jdbc-select.png]]
-
Added write support to JDBC Data Source. It can be performed using the following methods:
+
JDBC データソースへの書き込みサポートが追加されました。これは以下のメソッドを使用します:
-
* JDBCDataSource.execute (sql: String) - directly executes arbitrary SQL statement
+
* JDBCDataSource.execute (sql: String) - 任意の SQL ステートメントを直接実行します。
-
* JDBCDataSource.remove (table: String, whereClause: String) - removes rows from a table
+
* JDBCDataSource.remove (table: String, whereClause: String) - 表から列を削除します。
-
* JDBCDataSource.update (table: String, fields: javafx.data.Pair[], whereClause: String) - updates rows in a table
+
* JDBCDataSource.update (table: String, fields: javafx.data.Pair[], whereClause: String) - 表の列を更新します。
-
* JDBCDataSource.create(table: String, fields: javafx.data.Pair[]) - inserts rows into a table
+
* JDBCDataSource.create(table: String, fields: javafx.data.Pair[]) - 表に列を追加します。
-
The FileDataSource is extended to support loading files from:
+
FileDataSource はファイルを読み込みのサポートのために以下から拡張されました:
-
* Local FileSystem - the path represents an absolute path
+
* Local FileSystem - パスは絶対パスを表しています。
-
* Resource - the path represents a path on a classpath
+
* Resource - パスはクラスパス上のパスを表しています。
-
* Storage - the path represents a resource path using Storage API
+
* Storage - パスは Storage API でのリソースパスを示しています。
-
 
+
-
Note that FileDataSource works only on Desktop profile. and the "Fetch Data" feature works for "Local FileSystem" type only.
+
 +
FileDataSource はデスクトッププロファイルでのみ動作することに注意して下さい。また "Fetch Data" は "Local FileSystem" 型のみで動作します。
[[file: javafx-composer-datasource-customer-file.png]]
[[file: javafx-composer-datasource-customer-file.png]]
-
==JavaFX Effects==
+
==JavaFX エフェクト==
-
Palette contains "JavaFX Effects" category with all effects available in JavaFX 1.2.3 SDK.
+
パレットの "JavaFX Effects" カテゴリには JavaFX 1.2.3 SDK に含まれるすべてのエフェクトが含まれています。
[[file: javafx-composer-palette-effects.png]]
[[file: javafx-composer-palette-effects.png]]
-
You may drag and drop them to your design and change their properties.
+
デザインビューにドラッグ&ドロップしてプロパティーしてプロパティーを変更します。
-
Similarly you may drag and drop them to a node directly, then they are even automatically assigned to the target node. This way you may directly set e.g. Reflection to your !ImageView.
+
同様に、ノードに直接ドラッグ&ドロップすると、対象のノードに自動的に割り当てられます。この方法で例えば !ImageView に直接リフレクションを設定できます。
-
Similarly you may open "Details" property view for any effect property and choose to reuse an existing effect or press "Add" button to create and assign a new effect. "Edit" button select the particular effect so its properties can be edited.
+
同様に "Details" プロパティービューを開き、それぞれのエフェクトプロパティーを変更し、また既存のエフェクトを再利用するために選択します。"Add" ボタンを押し新しいエフェクトを作成し割り当てできます。
 +
"Edit" ボタンでそのプロパティーを編集できます。
-
Note the float map for the !DiplacementMap effect has to be coded manually.
+
注: !DiplacementMap の float マップは手動でコードを追加する必要があります。
-
==Colors==
+
====
-
You may design colors, linear gradients and radial gradients.
+
色や、線形グラデーション、放射状グラデーションをデザインすることがあると思います。
-
There is no longer just a Color value. Instead they can be drag and dropped into a design as Resources from "JavaFX Resources" category within the palette.
+
単純な Color 値はなくなり、そのかわりにパレットの "JavaFX Resources" カテゴリからリソースをドラッグ&ドロップします。
[[file: javafx-composer-palette-paints.png]]
[[file: javafx-composer-palette-paints.png]]
-
Many Paint-based properties has some non-null default value set e.g. "Fill" property of "Scene" component. Since a design does not have these default values presented as resources, the particular property value is specified with a custom-code.
+
多くの描画に関するプロパティーは NULL ではないデフォルト値を持っています。例えば "Scene" コンポーネントの "Fill" プロパティなどです。デザインはリソースとしてこれらのデフォルト値を持っていないので、特定のプロパティー値はカスタムコードで指定します。
[[file: javafx-composer-property-paint-default-custom-code.png]]
[[file: javafx-composer-property-paint-default-custom-code.png]]
-
You may specify your own value by opening the Details panel. There you can select "Use specific value:" radio-button and select existing Paint resource or create a new one by pressing "Add" button and choosing an appropriate Paint type.
+
詳細パネルを開き値を指定できます。 "Use specific value:" ラジオボタンを選択し、既存の描画リソースを選択するか、"Add" ボタンを押し適当な描画型を選び新しく作成します。
[[file: javafx-composer-property-paint-details.png]]
[[file: javafx-composer-property-paint-details.png]]
-
==Templates==
+
==テンプレート==
-
The "Exclusively Visible" template has new options for choosing a transition type i.e. whether to change
+
推移のタイプに "Exclusively Visible" テンプレートが新しく追加されました。例えば、パネルの
-
* the visibility only or
+
-
* the visibility and opacity
+
-
of the panels while switching between particular states.
+
-
Additionally you may change specify an interpolator and a duration for the visibility and the opacity transitions.
+
* 可視性のみ
 +
* 可視性と不透明性
 +
 
 +
のどちらかを特定のステート切り替え時に選択できます。
 +
 
 +
さらに可視と不透明の補間方法と時間を変更できます。
[[file: javafx-composer-template-exclusively-visible-opacity.png]]
[[file: javafx-composer-template-exclusively-visible-opacity.png]]
-
For more, see [[JavaFXComposerTemplatesTutorial2|Templates Tutorial in JavaFX Component Preview 2]].
+
詳細は [[JavaFXComposerTemplatesTutorial2|Templates Tutorial in JavaFX Component Preview 2]] を参照してください。
-
==Charts (experimental)==
+
==チャート (実験段階)==
-
Palette contains "JavaFX Charts (experimental)" and "JavaFX Chart Resources (experimental) categories with all JavaFX Charts available in JavaFX 1.2.3 SDK.
+
パレットには "JavaFX Charts (experimental)" "JavaFX Chart Resources (experimental)" カテゴリが追加され JavaFX 1.2.3 SDK のすべての JavaFX チャートが含まれています。
[[file: javafx-composer-palette-charts.png]]
[[file: javafx-composer-palette-charts.png]]
-
You may drag and drop them to your design and change their properties. There are many properties that may be set. The important ones are always visible in the Properties windows. The rest of Chart-related properties are placed in the "Chart" category.
+
デザインビューにドラッグ&ドロップしてプロパティーしてプロパティーを変更します。 多くのプロパティーが存在します。重要なプロパティーは常にプロパティーウィンドウで表示されるようになっています。他のチャートに関連するプロパティーは "Chart" カテゴリにあります。
[[file: javafx-composer-property-chart.png]]
[[file: javafx-composer-property-chart.png]]
 +
チャート自体はデザインビューでは確認することはできません。境界の四角に囲まれたアイコンで表示されます。
-
Charts are not live-visualized in the design view. Instead they are presented as a chart icon rounded by a boundary rectangle.
+
チャートコンポーネントの操作方法です:
-
 
+
-
Note that for proper function of Chart components:
+
-
* You have to specify both axis - by default both are created and assigned together with creation of the chart.
+
* 軸は指定する必要があります - デフォルトでは作成時に両方とも作成され割り当てられます。
-
* You have to define correct bounds of Number Axis and categories in the Category Axis.
+
* Category Axis と Number Axis とカテゴリの適切な境界を定義する必要があります。
-
* All charts except for Pie Charts are using Data Series. See the "Data" property of a particular chart. In its Details property view you may specify/add/reuse data-series that should be visualized.
+
* パイチャート以外のすべてのチャートはデータシリーズを使います。 "Data" プロパティーを見てください。"Details" プロパティービューで表示するデータシリーズを指定、追加、再利用します。
-
* Particular Data Series and Pie Charts has "Data" property which represents a sequence of data to be visualized. The data is represented by an encapsulation object. To simplify the static data you may use a build-in simple data editor.
+
* 特定のデータシリーズと Pie チャートでは表示するデータのシーケンスを表す "Data" プロパティーがあります。そのデータはカプセル化されたオブジェクトで表現されます。静的なデータの場合は単純なデータエディタで指定できます。
[[file: javafx-composer-property-chart-series.png]]
[[file: javafx-composer-property-chart-series.png]]
Line 155: Line 158:
[[file: javafx-composer-property-chart-series-data.png]]
[[file: javafx-composer-property-chart-series-data.png]]
-
For more, see [[JavaFXComposerSimpleChartTutorial|JavaFX Composer Chart Tutorial in Preview 2]]
+
詳細は [[JavaFXComposerSimpleChartTutorial|JavaFX Composer Chart Tutorial in Preview 2]] を参考にしてください。
-
==New Samples==
+
==新しいサンプル==
-
There are new samples bundled with the tool. You may create a open them by invoking "File | New Project..." main menu item and selecting "Samples | JavaFX" category.
+
新しいサンプルが追加されています。「ファイル」 > 「新規プロジェクト」で「サンプル」カテゴリの "JavaFX" カテゴリ以下を選んでプロジェクトを作成してください。
-
The list of new and modified samples:
+
新しいプロジェクトのリストです:
-
* [http://javafx.netbeans.org/composer/preview2/samples/GoogleImageSearch/Google_Image_Search.jnlp Google Image Search] - uses Google Image Search API for searching images. Click [http://javafx.netbeans.org/composer/preview2/samples/GoogleImageSearch/Google_Image_Search.jnlp here] to see live demo.
+
* [http://javafx.netbeans.org/composer/preview2/samples/GoogleImageSearch/Google_Image_Search.jnlp Google Image Search] - Google Image Search API を使った画像検索。[http://javafx.netbeans.org/composer/preview2/samples/GoogleImageSearch/Google_Image_Search.jnlp Google_Image_Search.jnlp] でライブデモが起動します。
-
* Google Search - uses Google Web Search API for searching for web-pages
+
* Google Search - Google Web Search API を使った Web ページ検索。
-
* Hello World - animation improved
+
* Hello World - アニメーションの改良
-
* JDBC Address Book - uses new write support in JDBCDataSource API in CRUD-based Address Book application - note it requires JavaDB libraries with in-memory-DB feature.
+
* JDBC Address Book - JDBCDataSource API の新しい書き込みサポートを使った CRUD ベースのアドレス帳アプリケーション - 注: インメモリ DB 機能の JavaDB ライブラリが必要です。
-
* [http://javafx.netbeans.org/composer/preview2/samples/MagicLabel/MagicLabel.jnlp Magic Label] - improved for more states and graphics. Click [http://javafx.netbeans.org/composer/preview2/samples/MagicLabel/MagicLabel.jnlp here] to see live demo.
+
* [http://javafx.netbeans.org/composer/preview2/samples/MagicLabel/MagicLabel.jnlp Magic Label] - ステートとグラフィックスの改良。 [http://javafx.netbeans.org/composer/preview2/samples/MagicLabel/MagicLabel.jnlp MagicLabel.jnlp] でライブデモが起動します。
-
* NetBeans Project Browser - replacement for Kenai Project Browser
+
* NetBeans Project Browser - Kenai Project Browser から変更されました。
-
* [http://javafx.netbeans.org/composer/preview2/samples/Twitter/Twitter.jnlp Twitter] - simple twitter client. Click [http://javafx.netbeans.org/composer/preview2/samples/Twitter/Twitter.jnlp here] to see live demo.
+
* [http://javafx.netbeans.org/composer/preview2/samples/Twitter/Twitter.jnlp Twitter] - twitter クライアントのサンプル。[http://javafx.netbeans.org/composer/preview2/samples/Twitter/Twitter.jnlp Twitter.jnlp] でライブデモが起動します。

Current revision as of 06:59, 16 February 2010

このドキュメントは katakaiJavaFXComposerNewInPreview2 を翻訳したもので正式なものではありません。

Contents

JavaFX シェイプ

パレットの "JavaFX Shapes" カテゴリには JavaFX 1.2.3 SDK で提供されているほとんどの JavaFX シェイプが含まれています。

file: javafx-composer-palette-shapes.png

デザインビューにドラッグ&ドロップしてプロパティーしてプロパティーを変更します。

高度な操作が行えるツールを今後追加する予定ですが、現時点ではシェイプやコンポーネントを移動できるだけです。プロパティーの startX,Y, endX,Y は正しい位置とサイズの値を設定する必要があります。2つのモードがあります:

シェイプやコンポーネントをマウスを使って移動する場合には layoutXlayoutY プロパティーが変更され、全体のレイアウトも変更されます。上のイメージではパネルと vbox がリサイズされます。配置しているコンテナが自動レイアウトする場合は layoutXlayoutY は無視できます。

シェイプやコンポーネントを Ctrl+Mouse を使って移動する場合には translateXtranslateY が変更されます。この値はレイアウトには影響されません。

ステートによるアニメーション

Preview 1 リリースの時は、それぞれのステートで簡単なアニメーションを指定することができました。アニメーションは補間方法(interpolator)と時間(duration)で指定しました。

Preview 2 リリースでは、アニメーションに継承が使えるようになります。それぞれのプロパティーにはデフォルトで単純な継承アニメーションがあります。継承アニメーションは継承された補間方法と時間で指定します。

file: javafx-composer-property-inherited-animation.png

特定の補間方法と時間を指定した場合は以前の動作と変わりありません。

継承として指定して場合は、特定にステートに対してデフォルトのアニメーションセットから取得されます。デフォルトのアニメーションはデザインのステートリストで "Edit" ボタンを押して編集します。

file: javafx-composer-state-edit-animation.png

特定のステートに対するデフォルトのアニメーションが表示されます。指定すると、全体のステート変数用にデフォルトのアニメーションからアニメーションが継承されます。"State Varible" リストエリアを開き "Edit" ボタンを押して編集します。

file: javafx-composer-state-variable-edit-animation.png

ステート編集のデフォルトのアニメーションは一番上のレベルでこれは継承されないことに注意してください。

アニメーションの継承によって、"currentState" ステートの変数でアニメーションを1度指定するだけでよくなります。すべてのアニメーションを管理する必要はなくなります。

デフォルトではプロパティーアニメーションはすべてのプロパティーに継承されることに注意してください。これは "visible" や "mouseClicked" プロパティーも含まれます。しかし通常はこれらのプロパティーはステートの変更後即座に変更したいことが多いでしょう。このため "Details" プロパティービューで、"Select All" ボタンを押しすべてのステートに対して "0" を時間フィールドに設定できます。この方法によりすべてのステートの時間を 0ms に上書きできます。

詳細は State Animation Tutorial を参照してください。

データサポートの改良

データソースのカスタマイザとその API は大幅に改良されました。

データソースは XML データストリームをパースし動作するようになりました。またデータソースカスタマイザ上でフェッチしたデータを性格に表示することができます。

JSON パーサーは JSON 配列から RecordSet に、JSON オブジェクトから Recordマップに、JSON オブジェクトのキーは Record の属性にマップします。

LINES パーサーはストリームを RecordSet としてパースし、それぞれの行は ".lines" という名前の1つの属性と全体の行を値とする Record になります。

XML パーサーは次のように実装されています:

  • それぞれの XML 要素は一つの Record に変換されます
  • XML 属性は特定の Record の属性に変換されます。
  • 特別な属性 ".elements" を持つ Record は XML サブ要素の RecordSet を含みます。
  • 特別な属性 ".text" を持つ Record はその値は特定の要素の内部テキストです。
  • 特別な属性 ".name" を持つ Record は XML 要素タグのローカル明を含みます。
  • 新規ヘルパーメソッド Record.getXmlString() が追加され、XML からのデータ取得を簡素化します。

file: javafx-composer-datasource-customer-parser-xml.png

HTTP データソースは HTTP POST メソッドを扱います。これは GET メソッドにも同様に使えます。HTTPDataSource.connectionMethod を "POST" に設定します。

JDBC データソースカスタマイザの "SQL Query" ダイアログは大幅に改良されました:

file: javafx-composer-datasource-customer-jdbc-select.png

JDBC データソースへの書き込みサポートが追加されました。これは以下のメソッドを使用します:

  • JDBCDataSource.execute (sql: String) - 任意の SQL ステートメントを直接実行します。
  • JDBCDataSource.remove (table: String, whereClause: String) - 表から列を削除します。
  • JDBCDataSource.update (table: String, fields: javafx.data.Pair[], whereClause: String) - 表の列を更新します。
  • JDBCDataSource.create(table: String, fields: javafx.data.Pair[]) - 表に列を追加します。

FileDataSource はファイルを読み込みのサポートのために以下から拡張されました:

  • Local FileSystem - パスは絶対パスを表しています。
  • Resource - パスはクラスパス上のパスを表しています。
  • Storage - パスは Storage API でのリソースパスを示しています。

FileDataSource はデスクトッププロファイルでのみ動作することに注意して下さい。また "Fetch Data" は "Local FileSystem" 型のみで動作します。 file: javafx-composer-datasource-customer-file.png

JavaFX エフェクト

パレットの "JavaFX Effects" カテゴリには JavaFX 1.2.3 SDK に含まれるすべてのエフェクトが含まれています。

file: javafx-composer-palette-effects.png

デザインビューにドラッグ&ドロップしてプロパティーしてプロパティーを変更します。

同様に、ノードに直接ドラッグ&ドロップすると、対象のノードに自動的に割り当てられます。この方法で例えば !ImageView に直接リフレクションを設定できます。

同様に "Details" プロパティービューを開き、それぞれのエフェクトプロパティーを変更し、また既存のエフェクトを再利用するために選択します。"Add" ボタンを押し新しいエフェクトを作成し割り当てできます。 "Edit" ボタンでそのプロパティーを編集できます。

注: !DiplacementMap の float マップは手動でコードを追加する必要があります。

色や、線形グラデーション、放射状グラデーションをデザインすることがあると思います。

単純な Color 値はなくなり、そのかわりにパレットの "JavaFX Resources" カテゴリからリソースをドラッグ&ドロップします。

file: javafx-composer-palette-paints.png

多くの描画に関するプロパティーは NULL ではないデフォルト値を持っています。例えば "Scene" コンポーネントの "Fill" プロパティなどです。デザインはリソースとしてこれらのデフォルト値を持っていないので、特定のプロパティー値はカスタムコードで指定します。

file: javafx-composer-property-paint-default-custom-code.png

詳細パネルを開き値を指定できます。 "Use specific value:" ラジオボタンを選択し、既存の描画リソースを選択するか、"Add" ボタンを押し適当な描画型を選び新しく作成します。

file: javafx-composer-property-paint-details.png

テンプレート

推移のタイプに "Exclusively Visible" テンプレートが新しく追加されました。例えば、パネルの

  • 可視性のみ
  • 可視性と不透明性

のどちらかを特定のステート切り替え時に選択できます。

さらに可視と不透明の補間方法と時間を変更できます。

file: javafx-composer-template-exclusively-visible-opacity.png

詳細は Templates Tutorial in JavaFX Component Preview 2 を参照してください。

チャート (実験段階)

パレットには "JavaFX Charts (experimental)" と "JavaFX Chart Resources (experimental)" カテゴリが追加され JavaFX 1.2.3 SDK のすべての JavaFX チャートが含まれています。

file: javafx-composer-palette-charts.png

デザインビューにドラッグ&ドロップしてプロパティーしてプロパティーを変更します。 多くのプロパティーが存在します。重要なプロパティーは常にプロパティーウィンドウで表示されるようになっています。他のチャートに関連するプロパティーは "Chart" カテゴリにあります。

file: javafx-composer-property-chart.png

チャート自体はデザインビューでは確認することはできません。境界の四角に囲まれたアイコンで表示されます。

チャートコンポーネントの操作方法です:

  • 軸は指定する必要があります - デフォルトでは作成時に両方とも作成され割り当てられます。
  • Category Axis と Number Axis とカテゴリの適切な境界を定義する必要があります。
  • パイチャート以外のすべてのチャートはデータシリーズを使います。 "Data" プロパティーを見てください。"Details" プロパティービューで表示するデータシリーズを指定、追加、再利用します。
  • 特定のデータシリーズと Pie チャートでは表示するデータのシーケンスを表す "Data" プロパティーがあります。そのデータはカプセル化されたオブジェクトで表現されます。静的なデータの場合は単純なデータエディタで指定できます。

file: javafx-composer-property-chart-series.png

file: javafx-composer-property-chart-series-data.png

詳細は JavaFX Composer Chart Tutorial in Preview 2 を参考にしてください。

新しいサンプル

新しいサンプルが追加されています。「ファイル」 > 「新規プロジェクト」で「サンプル」カテゴリの "JavaFX" カテゴリ以下を選んでプロジェクトを作成してください。

新しいプロジェクトのリストです:

  • Google Image Search - Google Image Search API を使った画像検索。Google_Image_Search.jnlp でライブデモが起動します。
  • Google Search - Google Web Search API を使った Web ページ検索。
  • Hello World - アニメーションの改良
  • JDBC Address Book - JDBCDataSource API の新しい書き込みサポートを使った CRUD ベースのアドレス帳アプリケーション - 注: インメモリ DB 機能の JavaDB ライブラリが必要です。
  • Magic Label - ステートとグラフィックスの改良。 MagicLabel.jnlp でライブデモが起動します。
  • NetBeans Project Browser - Kenai Project Browser から変更されました。
  • Twitter - twitter クライアントのサンプル。Twitter.jnlp でライブデモが起動します。
Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2012, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo