FaqDebuggingStackOperationsJa

Revision as of 16:42, 6 November 2009 by Admin (Talk | contribs)
(diff) ← Older revision | Current revision (diff) | Newer revision → (diff)

スタック操作

現在に設定

呼び出しスタックアイテム上で「現在に設定」アクションを呼び出すと、そのアイテムで規定されるソースコード行に飛びます。局所変数とウオッチポイントは新しい場所に従って評価されます。
これは、現在のコードが呼び出される前に変数の値を評価したいときに有用です。

例:
make メソッドが呼ばれる前の *number* 変数の値を知りたいとします:

画面

手順:

  1. 呼び出しスタックビューを開きます
  2. run:24 の行を選択します
  3. ポップアップメニューを呼び出します
  4. 「現在に設定」アクションを呼び出します
  5. 表の行をダブルクリックしても同じことが出来ます
  • 行は太字になり、ローカル変数ビューで number 変数の値を見ることが出来ます


ここまでポップ

「ここまでポップ」は、中断しているスレッドをメソッドコールスタックの選択された場所に戻します。
これは、呼び出されたメソッドシーケンスを戻し、再度何かをデバッグしたいときに有用です。
ここで使用された例では、「現在に設定」の代わりに「ここまでポップ」動作を呼び出すことが出来ます。デバッガは行 24 まで戻ります。変数 number の値を見ることは出来ますが、make メソッドの引数の値とは違うでしょう。

---

Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2012, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo