VwpFAQappServeFailJa

Application Server の起動に失敗した場合の対処方法を教えてください。

現象: Visual Web Pack から Application Server にプロジェクトを配備し、実行しようとしています。長い待ち時間のあとで、Application Server の起動がタイムアウトしたことを示すメッセージが表示されます。

Application Server ノードを右クリックして「起動」を選択することによって、Application Server の起動を試みる場合も同様です。

診断: Application Server が起動するには、いくつかの未使用ポートがです。これらのポートは、Application Server のインストール時に割り当てられます。そのあとで Application Server を再起動したときに、これらの割り当て済みポートが同じマシンで実行中の別のプログラムによって使用されていると、Application Server は起動に失敗して停止しようとします。これは、どのプラットフォームでも発生する可能性があります。

多くの場合、Application Server に割り当てられられているポートを使用しているプロセスを特定することは、困難です (特に Microsoft Windows プラットフォーム)。「コマンドプロンプト」ウィンドウを開き、netstat -a コマンドを実行することにより、使用中のポートを特定することができます (ただし、この方法では、ポートを占有しているプロセスは示されません)。

解決策: 次の方法で問題を解決できる場合があります。

  • ポートの衝突は、Application Server がメッセージキューを停止しないために発生することがあります。この場合は、Windows のタスクマネージャで imqbrokersvc.exe というプロセスを探し、実行中であれば停止します。
  • Application Server を起動する前に、マシン上に存在するほかのすべての Sun Java System Application Server を完全に停止することも推奨します (旧バージョンの Application Server で一部同じポートが使用されています)。

前述の推奨方法に従ってアプリケーションおよびプロセスを停止したあとも、ポートが解放されない場合は、次の手順に進みます。

  1. プロジェクトを保存します。
  2. NetBeans IDE を終了します。
  3. マシンを再起動します。
  4. Windows の場合、「コマンドプロンプト」ウィンドウを開き、netstat -a を実行します。
  5. 次のファイルをテキストエディタで開きます。
    $Server_Dir\domains\<domain_name>\config\domain.xml.
  6. <http-listener> タグに割り当てられている TCP/IP ポート番号を確認します。
  7. これらのポート番号およびポート 1527 を、netstat -a で出力された使用中のポートと比較します。ポートの競合がなくなったら、Visual Web Pack を起動します。
  8. プロジェクトを開いて、再び実行します。

手順 8 でポートがまだ解放されない場合は、起動時に読み込まれたプログラムのいずれかがポートを占有している可能性があります。これらについても同様に調べてみることを推奨します。


Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2012, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo