VwpFAQServletImplJa

Visual Web Pack でサーブレットを実装する方法を教えてください。

サーブレットは、手動で Visual Web Pack に追加することも、web.xml の「サーブレット」セクションからビジュアルエディタに追加することもできます。

ビジュアルエディタからサーブレットを追加するには、「ファイル」ウィンドウで web > WEB_INF > web.xml をダブルクリックして、web.xml を開きます。「サーブレット」ボタンをクリックして、 「サーブレット要素を追加」ボタンをクリックし、指示に従います。

サーブレットを手動で追加するには、次に従います。

  1. 「プロジェクト」ウィンドウで、サーブレットを追加するプロジェクトのノードを展開します。
  2. 「ソースパッケージ」ノードを展開します。
  3. サーブレットを追加するパッケージのノードを右クリックし、ポップアップメニューから「新規」>「Java クラス」を選択します。
  4. Java クラス名を入力します (例: MyServlet)。
  5. サーブレットコードを作成したファイルに追加して、保存します。
  6. 「ファイル」ウィンドウで、web/WEB-INF/web.xml ファイルを開いて、次のコードを追加します。
      <servlet>
         <servlet-name>MyServlet</servlet-name>
         <servlet-class>MyServlet</servlet-class>
      </servlet>
      <servlet-mapping>
         <servlet-name>MySerlvet</servlet-name>
         <url-pattern>/servlets/MyServlet</url-pattern>
      </servlet-mapping>

これでサーブレットがアプリケーションの配備記述子に追加されます。 手順を完了すると、作成したサーブレットをアプリケーションで使用できます。


追加したサーブレットを表示するには、web.xml をダブルクリックして、ビジュアルエディタの編集ツールバーにある「サーブレット」ボタンをクリックします。ここからビジュアルエディタで追加したサーブレットを編集できます。


Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2012, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo