VwpFAQOracleSqlDateJa

Oracle JDBC ドライバを使用して SQL DATE フィールドにアクセスする方法を教えてください。

Oracle JDBC FAQ」を参照してください。

バージョン 9.2 以前の Oracle ドライバは、SQL DATE フィールドを java.sql.Timestamp にマップして、日付の情報とともに時間も保存していました。

9.2 以降のバージョンのドライバは、SQL DATEjava.sql.Date にマップし、時間の情報が削除されるようになりました。

9.2 以前の動作を復元するには、ドライバを起動するアプリケーションサーバーに oracle.jdbc.V8Compatible プロパティーを追加する必要があります。このプロパティー名は、Oracle FAQ にリストされている名前と少し異なりますので、注意してください。

Sun Java System Application Server/Glassfish にこのプロパティーを追加するには、次の手順に従います。

  1. 「管理コンソール」にログインして、「アプリケーションサーバー」 > 「JVM 設定」 > 「JVM オプション」 > 「JVM オプションを追加」をクリックします。
  2. 以下を入力します。
    -Doracle.jdbc.V8Compatible=true
  3. Application Server を再起動して、変更を有効にします。

同様の方法で、他のアプリケーションサーバーを構成できます。


Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2012, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo