ScalaJa

NetBeans Scala プラグイン

新サイト? http://java.net/projects/nbscala

Contents


機能

  • フル機能 Scala エディタ
  • シンタックス / セマンティックカラーリング
  • アウトラインナビゲーター
  • コード折りたたみ
  • ハイライト表示
  • 定義箇所への移動
  • インスタントリネーム
  • インデント
  • フォーマット
  • ペアマッチング
  • エラー表示
  • コード補完
  • プロジェクト管理(プロジェクトのビルド / 実行 / デバッグ)
  • デバッガ
  • インタラクティブコンソール([ウィンドウ - >その他 - >インタラクティブ Scala シェル)
  • JUnit との統合
  • Maven との統合

はじめに

Scala 用プラグインは現在、開発中です。これは、NetBeans IDE にて Scala をはじめるにあたっての説明であり、また現在何ができるかの概要となっています。

Netbeans 用 Scala プラグインをはじめるには 2 つの方法があります:

  • NetBeans's 7.0 用プラグイン
  • NetBeans ナイトリービルド版用最新プラグイン

NetBeans 7.0 ではじめる

プラグインポータルからプラグインを取得します:[1]

NetBeans 6.9 ではじめる

http://wiki.netbeans.org/Scala69

NetBeans 6.8 ではじめる

http://wiki.netbeans.org/Scala68v1

6.7 ではじめる

http://wiki.netbeans.org/Scala67

NetBeans ナイトリービルドでの冒険

Scala モジュールは実験的、且つ活発な開発が行われており、ベータバイナリとは違い、最新の機能を NetBeans 開発版にて試すこともできます。開発版は毎晩ビルドされ、すぐに変更されるため、 ツールプラグインカタログをリロード にて頻繁に更新を確認してください (すべての有効なモジュールが更新され、 Scala とは関係ないものもそれらには含まれています)。時には、基底の API が変更されたり、壊れたりして、新たなナイトリービルドを再ダウンロードし、試さなければならないこともあります。

#最新ナイトリービルドの NetBeans を取得します:http://bits.netbeans.org/download/trunk/nightly/latest/

  1. NetBeans を起動、ツール -> プラグイン と移動し、アップデートセンターのリスト内に Last Development Build (URL:http://deadlock.netbeans.org/hudson/job/nbms-and-javadoc/lastStableBuild/artifact/nbbuild/nbms/updates.xml.gz) があるかを確かめるため、設定 を調べます。
  2. 使用可能なプラグイン" タブ内に Scala カテゴリが確認できます (または、それらを見つけるために 使用可能なプラグイン タブ 内の 名前 をクリックする事もできます。最新のモジュールを取得するには カタログを再読み込み をクリックする必要があり、 Scala Kit をチェック、 インストール をクリックし、以降の指示に従います。IDE を 再起動 します。IDE を再起動します。

すべてのナイトリービルドプラグインにて、もし奇妙な状況が発生した場合、以下のヒントが役に立つかもしれません。 #お使いの OS の netbeans ユーザー設定パスを探します。例えば、それは[netbeansインストールディレクトリパス]/etc/netbeans.conf ファイルに設定されています。

netbeans_default_userdir="${HOME}/.netbeans/dev"
  1. ${HOME}/.netbeans/dev ディレクトリを削除し、 netbeans を再起動、 scala プラグインを再インストールします。

Scala 標準ソースファイルのダウンロード

http://www.scala-lang.org/downloads/index.html から Scala 標準ソースファイルの JAR をダウンロードし、解凍します (それ以上、ソース JAR を解凍しないようにしてください). 以下のようになります。

+ src
   + sbaz-src.jar
   + scala-compiler-src.jar
   + scala-dbc-src.jar
   + scala-decoder-src.jar
   + scala-library-src.jar

Maven + Scala プラグイン

NetBeans 用 Maven プラグインは Scala プラグインと連携し、 NetBeans にて Lift Web アプリケーション開発をサポートします。

NetBeans 用 Maven プラグインを取得するには:

  • Maven プラグインはアップデートセンタより直接取得します。"ツール" -> "プラグイン" -> "利用可能なプラグイン" (見つけるために、検索ボックスに "maven" と入力します)

maven リポジトリから ソースパッケージを含め、ダウンロードしたい場合は、"ライブラリ" ノードを右クリックして表示されるメニューから "ライブラリのソースをすべてダウンロード" を選択します。これは "テストライブラリ" 、 "ランタイムライブラリ" も同様に可能です。一度、ソースパッケージをダウンロードしたら、特定のクラスをたどり、対応するソースコードをダブルクリックにて開くことができます。

ソースコード

すべてのソースコードは http://hg.netbeans.org/main/contrib より入手可能で、以下のように構成されています:

main
  + contrib
      + libs.scala
      + scala.console
      + scala.debug
      + scala.debug.projects
      + scala.editor
      + scala.kit
      + scala.platform
      + scala.project
      + scala.stdplatform
      + xtc

ソースからの Scala プラグインをビルドするには

NetBeans 用 Scala プラグインは NetBeans の構造化されたソースツリー化にあり、それをビルドするには Netbeans メインソース全体を持つ必要があります。手順は以下のとおりです:

# 十分なメモリ設定が行われているかどうか、ANT_OPTS を確認、設定して下さい。例えば、以下のようになります:
#    ANT_OPTS='-Xmx1024M -XX:PermSize=1024M -XX:MaxPermSize=1024M'

mkdir nbsrc
cd nbsrc
hg clone http://hg.netbeans.org/main

cd main
hg clone http://hg.netbeans.org/main/contrib

# (Scala プラグイン開発に十分な) 基本的な NetBeans メインをビルドしたいなら、main/nbbuild 以下に次のように user.build.properties を作成します:
cluster.config=basic

# nbsrc/main 以下にいることを確認し、そして NetBeans 自体をまずビルドします:
ant clean build

#そして、すべての Scala プラグインを以下のようにビルドします:
cd contrib/scala.kit
ant scala-clean
ant scala-build
ant scala-nbm

# "ant scala-nbm" を実行後、すべての scala nbm* が次のディレクトリ以下にできます: contrib/scala.kit/build

Scala のコンパイラ、ライブラリのソース中をデバッグするには

もし、Scala コンパイラ、ライブラリソースをデバッグしたいプロジェクトがあるなら、 デバッグ中に以下のように行うことができます: デバッグにて、 "ウィンドウ" -> "デバッグ" -> "ソース" と選択し、デバッグソースウィンドウを開きます。リストのソース JAR を調べ、 ".../scala-compiler.jar" 、 ".../scala-library.jar" を見つけ、それらをチェックします。

スクリーンショット

ドキュメント

1. ユーザー向け

2. 開発者向け

開発ブログ

変更履歴

最新の進捗は 更新履歴ログ を参照してください。

コミュニティ

scala-tools メーリングリスト を使用し、 NetBeans 用 Scala の件名として、 [netbeans] を追加します。

問題の送信方法

NetBeans Issuezilla のトップレベルのコンポーネントを "languages" 、そしてサブコンポーネントを "scala" と選択して、行ってください。

提案

  • Caoyuan: 完了。適切に構成されたモジュールが scala.core にあり、そしてそれを Scala で書くためのスタートポイントとします。
  • Scala は NetBeans モジュールとしてパッケージされる必要があり、ちょうど libs.freemarker のような *libs.scala* を作成する必要があります。
  • Caoyuan: 完了。

Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2012, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo