FaqUsualMemoryUsageJa

NetBeans IDE の普通のメモリ使用は?

まず、Java ヒープ と Java プロセスによって使用される前メモリを区別しましょう。メモリメーターツールバーで表示されるメモリは、Java ヒープで使用されているメモリ量です。この数字は、ガーベッジコレクションが行われたり死んだオブジェクトが掃除されたりするにつれて、上下します。ヒープはあなたのプログラムの活動でオブジェクトが確保される場所です。それに加えて、Java クラスデータや内部 Strings の格納場所、HotSpot によってコンパイルされるネイティブコードで使用されるメモリがあり、これらは Java アプリケーションを実行するときに確保されます。

プロジェクトを一切開かない NetBeans 4.1 の素の足跡は 70MB (Windows 2000 で計測、JDK 5.0 上で実行) で、Java ヒープは 10MB です。小中プロジェクトを対象に IDE を使用すると、足跡は 150-200MB になりヒープ使用は 50MB になります。

NetBeans 4.0 と 4.1 の最大ヒープ量の既定設定は 128MB です。ヒープ使用がこの値に到達したときは、IDE のメモリ足跡は 200MB より上です。

Linux や Solaris OS 上で実行した場合、 Java SE 6 でよりよいメモリ利用を達成できます。

注意: Java プロセスのメモリ使用を言うことが難しいことはままあります。 この話題に関する興味深い議論が Steve Bohne 氏のブログにあります Memory Usage of Multiple Java Processes on Windows


  バージョン: NetBeans 4.0, 4.1, 5.0, 5.5

---

Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2012, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo