FaqSubversionSSHJa

subversion で svn+ssh を設定するにはどうしたらいいですか?

SSH を使用した SVN、+ssh アクセス方式の種類は、NetBeans がサポートする subversion のプロトコルの一つで、subversion config ファイル内の正しい設定を呼び出します。このファイルは次の場所にあります:

  • Windows システム上: %APPDATA%\Subversion\config
  • Unix システム上、Macintosh を含む: $HOME/.subversion/config>

このファイルを開き、tunnels 区画を編集します。

Windows 上:

# with the use of private key authentication
ssh = $SVN_SSH plink.exe -l <username> -i D:/new_my_private_key.ppk 
# or with password authentication
ssh = $SVN_SSH plink.exe -l <username> -pw password

Putty アプリケーションはバイナリで次のページからダウンロードできます: http://www.chiark.greenend.org.uk/sgtatham/putty/download.html

他のシステム上

ssh = $SVN_SSH ssh -l <username> -i identy_file

SSH パスワードキャッシュツールは、SSH が繰り返しパスワードを尋ねる場合に助けになります。SSH パスワードキャッシュツールには Pageant (Putty アプリケーションの一部) が Windows 上で、ssh-agent が UNIX 類システム上であります。 もし鍵がパスフレーズと共に生成された場合は、「ssh パスワードキャッシュ」ツールを使う必要があります。

Windows 上:

  1. Subversion config ファイルの tunnels 区画を変更します:
    ssh = $SVN_SSH plink -l <username>
  2. Pageant ツールをダウンロードして起動します (それはシステムトレイに表示されます)
  3. それを開き、鍵を追加します。あなたはパスフレーズを尋ねられます。

UNIX 類と Macintosh システム上:

  1. subversion config ファイルの tunnels 区画を編集します: //
    ssh = $SVN_SSH ssh -l <username>
  2. ssh-agent を端末内で
    実行します
  3. ssh-agent によって生成された変数をエクスポートします
  4. ssh-add /識別/ファイル/への/パス
    を実行します
  5. 同じ端末から NetBeans IDE を起動します


プロキシを通して SSH トンネルする:

この節では、サーバ側の変更を一切伴わないで、http プロキシサーバを通してトンネルする方法を記述します。

  • Windows:
  1. Putty アプリケーションを始動します。
  2. Connection | Proxy 項目を選択します。必要な Proxy type を設定し、Proxy hostnamePort を記入します。(プロキシサーバが認証を求めるのであれば、適切な Username と Password を記入します)
  3. ここで Session 項目を再び選び、Saved Sessions フィールドにセッション名を入力します。(セッション名は subversion リポジトリのホスト名と一致しなければなりません。例: リポジトリ URL https://peterp.org/svnrepo に対しては、セッション名は peterp.org で無ければなりません)
  4. セッションを保存します。


  • Unix 類システム:
  1. corkscrew をダウンロードして展開します。
  2. corkscrew ディレクトリで入力: ./configuremakemake install
  3. あなたの ~/.ssh/config に新しい行を追加します
#http プロキシとポートの設定を正しい値に置き換え
ProxyCommand /usr/local/bin/corkscrew proxy.example.com 8080 %h %p

---

Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2012, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo