FaqProfilerFilterJa

アプリケーションの一部のプロファイルを行う場合、メソッドレベルではなく、パッケージレベルでフィルタを設定することは可能でしょうか。

はい、可能です。計測機構フィルタを使用して、計測するクラス/しないクラス、プロファイル結果に含むクラス/プロファイル結果から削除するクラスを、それぞれ定義できます。

実際、アプリケーションの一部のプロファイル用にルートメソッドを選択することと、計測機構フィルタを設定することは、プロファイルセッションの設定方法としては、まったく別の手法です。

  • ルートメソッドを選択することで、プロファイリングのエントリポイントを指定することになります。ルートメソッドとその呼び出しツリーから呼び出される各メソッドが、計測され、結果を収集されます。たとえば、サーブレットの doPost() メソッドを選択すると、記述したコード、Web サーバー層、およびコア Java 実装に対する結果を得ることになります。記述したコードのみの結果を収集する場合は、計測機構フィルタも設定しなければなりません。
  • 計測機構フィルタは、どのクラスが (各クラスのどのメソッドが)、それぞれ計測されるのか/されないのかを定義します。自分のアプリケーションのクラスだけを計測するように計測機構フィルタを設定した場合、自分が記述したコードだけが計測され、データが収集されます。これによって、プロファイルのオーバーヘッドが大幅に削減されます。計測機構フィルタは、アプリケーション全体とアプリケーションの一部の、どちらに対してでも設定できます。

Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2012, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo