FaqFreeformExplicitJDKJa

自由形式プロジェクトで JDK をどのように使うことができますか?

今のところ、統合開発環境で動く全ての Ant スクリプトは、統合開発環境の Java 仮想マシン内で動きます。そしてそれ以来、 Ant タスクは、デフォルトでいくつかの JDK をあなたのプロジェクトのソースコードを構築するために使います。また JDK で Ant それ自身が動かされるように、あなたのプロジェクトのソースコードを動かすために使います。もし、あなたの特別な自由形式プロジェクトが構築される事や、あなたの特別な自由形式プロジェクトが、統合開発環境が動かされている JDK を使って動かされる事において、何もしない時は問題があるかもしれません。例えば、もし、あなたが JDK 1.4 のみ要求するプロジェクトを持ったとしても、(そして、あなたは、JDK 1.4 を使う顧客を持つとします。) Swing の描写が速くてもっと良いために、NetBeans 統合開発環境を JDK 6 で動かしたいでしょう。もしあなたが注意深くなければ、JDK 1.4 で提供されなかった新しいクラスまたはメソッド(またはバグフィックス)を当てにして偶然にはじめることが出来たはずです。

スクリプト内に bootclasspath または executable のような、Ant タスクの様々な属性を指定することにより これを解決できます。詳細は、Ant マニュアル を確認してください。 これは厄介なので、4.x から 5.x のユーザには、この機能を実装を試す nbextras.orgFreeform Project Extras と呼ばれる実験的なモジュールがあります。これは、6.0 マイルストーン 4 の統合開発環境の製品コードに溶け込んでいます。なので、 NetBeans 6.0 ユーザは、 プロジェクトプロパティ ダイアログの Java ソース クラスパス パネルで、簡単に Java プラットフォームを変える事ができます。

(注: 例えあなたが、プロジェクトが要求する最も低いソースレベルよりも後の JDK で構築する事を気にしなくても、<javac> 上では常に source オプションを使います。JDK 5.0 はデフォルトのソースレベルを1.5に変えました。なので、もしあなたが ジェネリックス( Generics )のような JDK 5 の言語機能を要求しないプロジェクトを持つ時、あなたが source="1.4" オプションを明確に指定しない限り、JDK 5.0 で構築した物は、JDK 1.4 では動きません。この忠告は、 あなたが NetBeans を使っていようがいまいが、いくつかの Ant スクリプト にも当てはまります。



バージョン: NetBeans 4.0, 4.1, 5.0, 5.5, 6.0

プラットフォーム: すべて


Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2012, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo