FaqDebuggingPrintsJa

デバッグメッセージの出力

アプリケーションをデバッグするときの一般的な手法に、疑わしい場所にデバッグ出力を挿入するというものがあります。しかし、これはアプリケーションの再コンパイルと再始動が必要になります。

NetBeans デバッガでは、再コンパイルと再始動はもはや必要ではありません。望む場所にブレークポイントを挿入し、そのブレークポイントでいかなるスレッドも中断しないようにして単に望む情報を出力するように出来ます。

手順:

  1. エディタウィンドの左端の余白をマウスでクリックして、エディタ内に行ブレークポイントを挿入します。
  2. 赤い四角を右クリックして「ブレークポイント」->「カスタマイズ」を選択します。
  3. 「中断」を「スレッドなし(続行)」に設定します。
  4. 「出力テキスト」を望むように満たします
 変数の値を出力するには、そこに "{=<変数名>}" を置きます。例: "Index i = {=i}"。ここでメソッドを呼び出すことも出来ます。例: "Current instance = {=toString()}"
  1. デバッガを実行して出力ウインドウのデバッガコンソールを注視します。

---

Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2012, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo