FaqDebuggingMethodBreakpointJa

メソッドブレークポイント

デバッガは、選択されたメソッドの本体に入った時点でメソッドブレークポイントに行き当たります。
メソッドブレークポイントは、メソッド・クラス・パッケージの名前でワイルドカードを使うことがあることもあり、多くの場合は一群のメソッドを追跡するために使用されます。

例:
あなたのコードの中の java.awt.event.MouseListener から呼び出されるメソッドの実装を追跡する必要があるとします。
手順:

  1. エディタカーソルを MouseListener を実装するソースコード内に置きます
  2. 新規ブレークポイント アクションを Ctrl+Shift+F8 ショートカットまたは「実行」>「新規ブレークポイント」メニューから呼び出します。
  3. ブレークポイントの種類で メソッド を選択します。
  4. 「パッケージ名」と「クラス名」のテキストフィールドは、あなたのコードのパッケージ/クラス名であらかじめ埋められているはずです。
  5. mouse* を「メソッド名」テキストフィールドに書きます
  6. 「中断」コンボボックス内でスレッドなし (続行)を選択します
  7. ダイアログを確認します
  • デバッグが開始した後、その実装されたメソッドのそれぞれの呼び出しがデバッガコンソール出力に報告されます。

ワイルドカード「*」はクラス名、パッケージ名、メソッド名テキストフィールドで使用できます。
メソッド名 <init> はすべてのコンストラクタを意味します。

---

Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2012, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo