FaqCVSHowToProtocolsCVSNTJa

CVSNT で提供されている他のプロトコルを使うにはどうしたらよいですか?

CVSNT は他のいくつかのアクセス方法を提供しています。NetBeans IDE の CVS サポートではこれらを使うことができます。例えば :sspi: を使用するには:

  • CVS 同様 :sspi:cvsServerName:/cvsrepo に対してコマンド cvsnt が正しく動作することを確認します。
  • Windows の環境変数 CVSRSH=C:\Program Files\cvsnt\extnt.exeCVSEXE=C:\Program Files\CVSNT\cvs.exe を設定します。
  • CVSNT のインストールディレクトリで extnt.ini ファイルを編集します。(cvsServerName and /cvsrepo should be replaced with your actual values. For directory field use the repository listed in CVSNT control panel from Name column in Repository configuration tab.) extnt.ini file:
           [CvsServerName]
           protocol=sspi
           hostname=cvsServerName
           directory=/cvsrepo
  • cvs をこれらのシステム変数が有効であるか確認します。
  • NetBeans を起動し CVS | チェックアウト ウィザードを起動します
  • "CVS ルート" フィールドには :ext:cvsServerName:/cvsrepo を使用します。(cvsServerName/cvsrepoextnt.ini のものを指定します)
  • "外部 SSH を使用" を選択した場合は "SSH コマンド" を設定する必要があります。: extnt cvsServerName (他の username、password、protocol などの引数を使うことができます。これらは extnt.ini ファイルで使われています)

これで正しく動作するようになります。

バージョン: NetBeans 5.0


Not logged in. Log in, Register

By use of this website, you agree to the NetBeans Policies and Terms of Use. © 2012, Oracle Corporation and/or its affiliates. Sponsored by Oracle logo